神戸市中央区JR三ノ宮から徒歩10分。アトピー、自律神経失調症、腰痛・肩こり、原因不明の症状等、病院でもよくならなかった症状に鍼灸治療・整体・マッサージ・食餌療法・生活習慣相談で対応。

自律神経失調の治療

  • HOME »
  • 自律神経失調の治療

疲労感やめまい、ほてりや不安感、だるさや尿意など様々な症状が出てるにも関わらず、病院で検査をしても原因不明とされ、「自律神経失調」と診断される。
原因も特定出来ず、対応の仕方もわからない、匙(さじ)を投げられたという感じでしょうか。

自律神経失調の主な症状

更年期障害疲労感、眩暈(めまい)、頭痛・偏頭痛、鈍痛、鈍重感、重だるさ、不安感、イライラ、違和感、火照り(ほてり)、不眠、睡眠障害、便秘・下痢、微熱、耳鳴り、しびれ、不快感、頻尿・残尿感、気分の落ち込み、肩こり、腰痛、冷え、動悸・息切れ、食欲不振などなど・・・。

結局、医師が原因不明とされ対処のしようがないと判断された症状が自律神経失調と言われているように思えます。

自律神経とは何か

“自律神経”とは何か。
人間が生きていくために、自分自身の体を健康に保とうとバランスをとっている2種類の神経群をいいます。

片方の「交感神経」は、「さぁこれから頑張るぞ!」という時に働く神経で、仕事をしたり運動したり、興奮や緊張で働き、逆に恐怖感を感じたり危機感を感じた時にも働いています。

またもう一方の「副交感神経」は、くつろいだり消化を進めたり、休んだり眠ったり、体を修復するときに働く神経群です。

例えばですが、長時間精神的ストレスがある場合、交感神経ばかりが働き、副交感神経にスイッチが切り替わらなくなります。

そうなると、夜になっても眠れないとか、眠っていてもふと目が覚める、くつろいでいるつもりがイライラしていたり、無意識に肩に力が入ってしまう、胃腸に不快感が現れたりといったことが起きます。

自律神経失調の原因

  • 生活習慣
  • 精神的ストレス
  • 環境・気候の変化
  • 飲食不摂生

などが考えられています。

自律神経失調の治療方針

  • 鍼灸治療で気血の流れを改善し、五臓六腑の働きのバランスを調える
  • 整体・マッサージ・運動療法を取り入れて気血の流れを改善していきます
  • 精神的ストレスの原因となる事柄との付きあい方を相談していきます

手足のツボに鍼を打ってしばらくするとその効果に驚かれる方ばかりです。

どこの病院や治療院に行っても改善されないとか薬に頼りたくないという方は一度当院をお訪ね下さい。

適応疾患

・皮膚科系
アトピー性皮膚炎
肌あれ・ニキビ・吹き出物
ヘルペス・帯状疱疹

・整形外科系
腰痛・ぎっくり腰
肩・首こり
頚肩腕症候群
膝の痛み/膝に水がたまる
五十肩/四十肩
むち打ち
捻挫

・心療内科系
不眠症・睡眠障害
うつ・パニック障害

・耳鼻咽喉科系・呼吸器科系
嗅覚障害
アレルギー性鼻炎
花粉症・慢性鼻炎
風邪・喘息・気管支炎
めまい
突発性難聴・耳鳴り
口内炎
アデノイド

・胃腸内科系
胃痛・胃炎
胸やけ・胃のもたれ
逆流性食道炎
胃腸障害
下痢/便秘

・産婦人科系
生理痛・生理不順
更年期障害
月経前症候群
子宮筋腫
逆子/つわり

・神経科系
しびれ
肋間神経痛
坐骨神経痛
顔面神経麻痺
パーキンソン病

・自己免疫科系
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎、橋本病)
関節リウマチ
膠原病

・小児はり
夜尿症
夜泣き
疳の虫

・その他の症状
頭痛、むくみ、冷え性、多汗、全身のだるさ、自律神経失調症、糖尿病の健康管理、更年期障害、スポーツコンディション、手術後の体調管理など

PAGETOP
Copyright © リンゴ健康院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.