神戸市中央区JR三ノ宮から徒歩10分。アトピー、自律神経失調症、腰痛・肩こり、原因不明の症状等、病院でもよくならなかった症状に鍼灸治療・整体・マッサージ・食餌療法・生活習慣相談で対応。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療

  • HOME »
  • 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療

甲状腺甲状腺機能亢進症/バセドウ病は女性に多い疾患とされていて、例えば著明な方でも、絢香、夏目雅子、岩崎宏美、田中角栄、増田恵子(敬称略)などがバセドウ病だったとされています。
実際に一般の方でも女性の方がかかる割合が多いです。
しかしながら、X JAPANのYOSHIKIも甲状腺機能亢進症/バセドウ病であったことを公表されていますし、男性でも甲状腺機能亢進症/バセドウ病に罹患することもあります。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の原因

自己免疫疾患の一つと考えられていますが、詳しい正確な原因は未だにわかっていません。
遺伝的要素もあるとされています。

東洋医学的に考えると“木気”の暴走と捉えるので、頑張り過ぎている人がなりやすい疾患だと思います。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療方針

西洋医学では、抗甲状腺薬の服用、アイソトープ(放射性ヨウ素)によって甲状腺の細胞を壊して機能を低下させる、手術によって甲状腺を切り取るなどの方法があります。
しかしながら、抗甲状腺薬の服用によって副作用が出て血管炎や腎炎になる人もいらっしゃいますし、アイソトープ治療や手術をすると甲状腺機能低下症になり、一生涯チラーヂンというホルモン薬が必要な体になる危険性もあります。

一方、東洋医学的に考えると“木気”の暴走と捉えます。
精神的なストレスや過度な頑張り、イライラや代謝できないような飲食物の過剰摂取などが原因と考えます。
ですから、陰陽五行論から見て、「木=肝」ですから、”肝の熱”、それが及ぼす”心の熱”を抜くように施術していきます。

頑張り過ぎて発症される方が多いのと、食生活が乱れてしまって肝に熱がこもっている方もいらっしゃいますから、食生活や生活習慣、仕事のストレス具合もすべて相談しながらの治療になっていきます。

バセドウ病は無治療で放置すると、心房細動や心筋障害をおこして、ときに心不全を起こし命に関わる病ですから、早めに対処することが必要です。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療実績

enquete-9

患者様からの声<バセドウ病>

この患者様は学生時代にバセドウ病になって病院で薬を処方されたのですが、副作用がでて血管炎や急速進行性糸球体腎炎になられたそうです。そういった理由で薬による治療が続けられなくなりました。そして鍼灸治療を紹介されて1年ほどで治ったそうです。ところが社会人になってから再発されました。
前回の経験から鍼灸院を探されて当院に来られました。食生活の改善も相談させていただき、治療を始めてから10ヶ月ほどで血液検査の数値が正常になりました。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療の目安

6ヶ月〜1年が一つの目安となります。
※個人差があります。

参考ページ

患者様からのご感想<バセドウ病・甲状腺機能亢進症>

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

「バセドウ病」「橋本病」〜薬と手術のリスク

適応疾患

・皮膚科系
アトピー性皮膚炎
肌あれ・ニキビ・吹き出物
ヘルペス・帯状疱疹

・整形外科系
腰痛・ぎっくり腰
肩・首こり
頚肩腕症候群
膝の痛み/膝に水がたまる
五十肩/四十肩
むち打ち
捻挫

・心療内科系
不眠症・睡眠障害
うつ・パニック障害

・耳鼻咽喉科系・呼吸器科系
嗅覚障害
アレルギー性鼻炎
花粉症・慢性鼻炎
風邪・喘息・気管支炎
めまい
突発性難聴・耳鳴り
口内炎
アデノイド

・胃腸内科系
胃痛・胃炎
胸やけ・胃のもたれ
逆流性食道炎
胃腸障害
下痢/便秘

・産婦人科系
生理痛・生理不順
更年期障害
月経前症候群
子宮筋腫
逆子/つわり

・神経科系
しびれ
肋間神経痛
坐骨神経痛
顔面神経麻痺
パーキンソン病

・自己免疫科系
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎、橋本病)
関節リウマチ
膠原病

・小児はり
夜尿症
夜泣き
疳の虫

・その他の症状
頭痛、むくみ、冷え性、多汗、全身のだるさ、自律神経失調症、糖尿病の健康管理、更年期障害、スポーツコンディション、手術後の体調管理など

PAGETOP
Copyright © リンゴ健康院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.